>

工事の種類と働く人

建設業で有利な資格

建築士/建設業でぱっと浮かぶ資格と言えば建築士ではないでしょうか?
建築士は建築業で一番重要な国家資格で、実務経験を経て受験します。(学歴によって実務年数が違います。)
建設設備士/建築士の更に上級の資格です。
空調や排水、電気などの建設設備全般の知識があり設計だけでなく、工事管理のアドバイスもする事が出来る資格です。
土木施工管理技士/土木工事(建物以外建設工事全般)において、工事施工に必要不可欠な技術者の事です。
基礎施工士/建設工事において非常に重要な基礎工事(建物の土台作り)の、場所うちコンクリート抗工事(地盤のゆるい場所でもしっかりと建物を支える)の技術者を認定する資格です。
建設機械施工技士/建設現場で建設機械の運転・施工において施工管理、または指導・監督業務を行う人です。

必要な資格

消防設備士/建物は、用途・収容人数・規模に応じて、消火栓やスプリンクラーや、火災報知器などの消防用設備・特殊消防用設備が法律で義務付けられています。
消防設備士はそれらの工事や整備をするのに必ず必要な資格になってきます。
電気工事施工管理技士/電気工事(電線に電気を送る、建物の屋内外の電気設備の設計・施工、変電設備などを行う)の施工を行う上で必ず必要な資格です。
菅工事施工管理技士/建設業法により、特定の建設業の営業所に配置しなければならない人材です。
冷暖房・空調・給排水・ガス配管・衛生設備など菅工事において、施工計画、工程・品質・安全管理などを行います。
熱絶縁施工技士/この資格がないと熱絶縁施工(断熱材などの取り付け)が出来ません。


この記事をシェアする