工事業界にはどんな種類があるの?

色々なお仕事、工事編

おすすめリンク

煙突が多い工場エリア

写真映えがする煙突が多い工場エリアはマニアに人気です。一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

工事現場にあると役立つ資格

工事と言ってもその種類はさまざまです。
そして同じ現場に居たとしても、仕事内容も違いますし、出来る事と出来ない事があります。
工事を請け負う人達はその道のプロです。
まずはそのお仕事の種類を紹介していきます。
土木一式工事/建築一式工事/大工工事/左官工事/とび・土木・コンクリート工事/石工事/電気工事/菅工事/タイル・レンガ・ブロック工事/鋼構造物工事/鉄筋工事/舗装工事/しゅんせつ工事/板金工事/ガラス工事/塗装工事/防水工事/内装仕上げ工事/機械器具設置工事/熱絶縁工事/電気通信工事/造園工事/さく井工事/建具工事/水道施設工事/消防施設工事/清掃施設工事/解体工事があり、業種区分として建設業法上で定められています。
土木・建築一式工事は専門工事とは少し違い、全体のマネジメント統括をし、土木工作物・建築物を建設していきます。
マネジメントですから、元受け業者としてお仕事の依頼を受け、下請け業者に企画調整をお願いしていく形と説明すると分かりやすいと思います。
また、大規模な工事のみで小規模工事は行いません。
例えば大きなビルを作るのに、一つ一つの工程を各会社に依頼するのは大変ですので、一式工事の出番になります。(ただし、必ずしもオールマイティーな工事とは言えないので注意も必要です。)
しかし一般的にはあまり接する事は少ない工事です。
一番身近なのは、道路の舗装工事や電気通信工事ではないでしょうか?
電気通信工事は電気を情報通信設備(電話やテレビ、インターネット)に使ったりする為の工事です。
他にも水道施設工事(上下水、浄水・排水などの処理設備設置)、消防施設工事(火災警報・消火設備、避難設備の設置・取り付け)など実は生活に欠かせない事をしているお仕事がたくさんあるのが工事です。

工事の種類と働く人

工事現場にはさまざまな資格が必要で、必ず持っている人がいないといけない現場もあります。 ここではあったら便利で給料にも反映される(可能性のある)資格について各業種ごとついて説明していきます。 資格があると現場の管理者にもなれるので自分のスキルアップにも繋がり、転職も有利にできます。

建設・工事現場以外でも使える資格

工事現場で資格を取得し、老後はシルバー人材センターに登録して工事現場以外で資格を活かす人も増えています。 また別の業種に転職しても使える資格もあり、取れる資格は取っておいて損はありません。 ここでは様々な職業でも使える資格について説明していきます。

子供のヒーローになれるかもしれない?乗り物

工事現場では色々な乗り物に乗る事が多く、玩具のモデルになる乗り物がほとんどで、子供達はそんな乗り物が大好きです。 ここでは工事現場で使う色々な働く乗り物の特徴を紹介します。 もちろん運転するにはその乗り物にあう特殊免許が必要です。 もし運転出来たら子供に自慢が出来るかも?しれません。